• Instagram
  • Facebook
  • お問合せ

NEWS

2021.12.23(木)EXPO 2025 四條畷の杜フォーラム開催

「四條畷の杜フォーラム」では、四條畷市全体が自然体のまちで、古代からの日本人の調和のとれた暮らしに学び、地域でSDGsに向けた次世代に残す森づくりについて一緒に考えました。

当日は年末のお忙しい中、急な開催にも関わらず、住民、行政、市議会議員、議長の参加もあり大変有り難いことでした。

私たちの目指す「馬のいる癒しと憩いの森づくり」活動が、北河内の森の価値を高める活動として位置づけられることを再確認しました。

フォーラムでは、森林をべ―スに観光事業を温めて来られた溝畑観光局長は、四條畷が関西万博会場から近いこと、国定公園の府民の森として山の保全を50年もして来た人たちがいること、甲子園球場4つ分の池があり、地球を救う万博のテーマにピッタリであると四條畷を森の聖地にしたいと言われました。四條畷で生まれ育ってしまうと山があるのが当たり前の感覚だったが改めて手に入らない素敵な資源をもっている事に気づいた。育樹をする人が高齢化になっていることから四條畷市長として民間の力を調和させて、災害、山の保全に力を入れて行きたいと東市長が熱く語られ、森の生態系から地球の危機を知ることになるという50年以上も森の生き物たちを見て来た森の工作館の久保館長からは、とにかく森を歩いて発見したものを発信したいと締め括られました。

一覧ページに戻る